本文へスキップ

内科・消化器科・呼吸器科・外科・乳腺外来・肝炎インターフェロン治療・禁煙治療・睡眠時無呼吸の治療は、岡アクリニックへ お気軽にご相談ください。

町の○○○科クリニック。岡アクリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.096-385-0055

〒861-8019 熊本県熊本市東区下南部3丁目3番14号

クリニック案内clinic guide

院長あいさつ

院長写真

 臨床医として質の高い医療を実践する為に、消化器がんや乳がんの治療を中心に数多くの臨床経験と研究を積み重ねて参りました。これまでに培った技術と知識を、ホームドクターとして患者様の全身管理や癌の早期発見に生かしたいと考えております。


診療について

 内科全般・消化器科・呼吸器科・乳腺外科を中心に患者様の健康管理をサポートしております。気になることはお気軽にご相談ください。 


医師

理事長・院長
岡ア 伸治
学位
医学博士(1994年3月 熊本大学)
略歴
1987年 熊本大学医学部卒業 
1994年 熊本大学大学院医学科修了 
1987年 熊本大学医学部付属病院第二外科 
1988年 熊本市医師会熊本地域医療センター
1996年 アメリカ合衆国ネブラスカ大学医療センター
1999年 健康保険八代総合病院 消化器外科部長
2002年 熊本市立 熊本市民病院 外科医長
2005年 国立病院機構熊本南病院 外科医長
2007年 日本赤十字社熊本健康管理センター 診療部
2007年 岡アクリニック 開設
認定資格
日本外科学会 外科専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本医師会認定産業医
日本乳癌学会認定医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会認定読影医
熊本県がん検診従事者(機関)認定協議会
・肺がん検診読影医師
・乳がん検診従事医師 
・肝臓病認定医師
・胃がん大腸がん精密検査機関
熊本県肝疾患専門医療機関
肝炎インターフェロン及びインターフェロンフリー指定医療機関
熊本市乳がん検診実施機関
熊本市脊柱側弯症検診登録医療機関
熊本県糖尿病対策推進会議連携医
熊本市CKD(慢性腎臓病)対策推進「病診連携医」
熊本市託麻商工会指定健診機関
臨床研究発表
◆Combination Radioimmunotherapy and Chemotheapy using 131I-B72.3  and Gemcitabine: Shinji Okazaki, M.A. Tempero(University of Nebraska Medical Center). 89th of American Association for Cancer Reserch. 平成9年3月28日 ニューオリンズ 

◆Combination Radioimmunotherapy and Chemotheapy using 131I-B72.3 and Taxol: Shinji Okazaki, M.A. Tempero(University of Nebraska Medical Center). 90th of American Association for Cancer Reserch. 平成10年4月10日フィラデルフィア

◆Perforation of Meckel's Diverticulum in a Neonate Delivered to aMother with Hyperthyroidism:岡ア伸治、山本裕俊(熊本市民病院).Cellular, Molecular and Genetic Aspects of the Biological Response to Planned and Unplanned Injuries. 平成14年11月8日 熊本

◆電撃症後に発生した肺膿瘍症例:岡ア伸治、馬場憲一郎(熊本市民病院).第20回日本呼吸器外科学会. 平成15年5月15日 東京

◆HER2陽性再発乳癌症例におけるTrastuzumabの有効性についての検討:岡崎伸治、西村令喜(熊本市民病院).第11回日本乳癌学会. 平成15年6月13日 新潟

◆脳転移とHER2発現、Trastuzumab投与との関連についての検討:岡ア伸治、西村令喜(熊本市民病院).第104回日本外科学会(パネルディスカッション) 平成16年5月9日 大阪 

◆再発乳癌治療をHER2発現およびホルモンレセプターより考える:岡ア伸治、西村令喜(熊本市民病院).第12回日本乳癌学会(パネルディスカッション) 平成16年6月12日 北九州 

◆HER2過剰発現再発乳癌における転移部位別に見たTrastuzumab投与の有効性の検討:岡ア伸治、西村令喜(熊本市民病院).第105回日本外科学会. 平成17年5月11日 名古屋 

◆HER2過剰発現進行、再発乳癌初回治療におけるPaclitaxel+Trastuzumab併用療法の検討:岡ア伸治、西村令喜、相良吉厚(九州乳癌研究グループ).第13回日本乳癌学会. 平成17年6月11日 倉敷

◆Evaluation of the efficacy of Trastuzumab for HER2 over‐expressing metastatic breast cancer patients according to actual metastatic sites:岡ア伸治、西村令喜(熊本市民病院).Organization for Oncology and Translation Research,2nd Annual Conference. 平成18年11月11日 東京

◆当施設におけるマンモグラフィ導入後の超音波ガイド下穿刺吸引細胞診例の検討:岡ア伸治、東家小晶(日赤熊本健康管理センター、熊本大学放射線科).第15回日本乳癌学会. 平成19年6月29日 横浜  

◆日赤熊本健康管理センターのマンモグラフィ検診で要精査となり乳癌の診断を受けた症例の検討:岡ア伸治、三原修一(岡アクリニック、日赤熊本健康管理センター).第17回日本乳癌学会. 平成21年7月4日 東京 

◆当院におけるバレニクリン酒石酸塩(チャンピックス)を用いた禁煙治療の現状:岡ア伸治、上田恵一(岡アクリニック、日赤熊本健康管理センター).第52回日本呼吸器学会(ミニシンポジウム). 平成24年4月21日 神戸 

◆乳がん検診におけるマンモグラフィと超音波―日赤熊本健康管理センターにおける検討―:岡ア伸治、川野敏昭(岡アクリニック、日本赤十字社熊本健康管理センター).第20回日本乳癌学会. 平成24年6月29日 熊本 

◆バレニクリンを用いた禁煙治療後の禁煙維持の検討:岡ア伸治、上田恵一(岡アクリニック、日赤熊本健康管理センター).第53回日本呼吸器学会. 平成25年4月20日 東京

◆バレニクリンを用いた禁煙治療:血圧と体重変化の検討. 岡ア伸治、上田恵一(岡アクリニック、日赤熊本健康管理センター).第54回日本呼吸器学会(ミニシンポジウム). 平成26年4月27日 大阪

◆簡易睡眠モニターを用いた睡眠時無呼吸症候群の診断;重症度に関連する因子の検討. 岡ア伸治(医療法人岡ア会 岡アクリニック).第55回日本呼吸器学会. 平成27年4月19日 東京

◆バレニクリンを用いた禁煙治療:ニコチン依存度と呼吸機能の検討. 岡ア伸治(医療法人岡ア会 岡アクリニック). 第56回日本呼吸器学会. 平成28年4月10日 京都

◆バレニクリンを用いた禁煙治療:12週後の呼吸機能変化の検討. 岡ア伸治(医療法人岡ア会 岡アクリニック). 第57回日本呼吸器学会. 平成29421日 東京

[呼吸器関連論文] 
◆バレニクリンを用いた禁煙治療効果の検討―禁煙成功率と性別,年齢との関連―.岡ア伸治,上田恵一. 
日本呼吸器学会誌 2013;2(3):327-332.

◆バレニクリンを用いた禁煙治療:禁煙維持の検討. 岡ア伸治, 上田恵一. 
呼吸2013;32(9):856-60  

◆バレニクリンを用いた禁煙治療:血圧と体重変化の検討. 岡ア伸治,上田恵一.

呼吸と循環 2014;62(5):491-495.

                                                 

 

岡アクリニック


〒861-8019
熊本県熊本市東区下南部3丁目3番14号
TEL 096-385-0055